藤田ニコルが『オトナにこる』に「もう、 ツインテールににこるんビームじゃないかも……」

でも、中身は子供

『ViVi』2017年12月号(講談社)より。「オトナにこる」を表現。
オリコン

 モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルが、雑誌『ViVi』(講談社)に専属モデルとして新加入する。また、初登場となる12月号(23日発売)では、表紙モデルとして記念すべきデビューを飾る。

【写真】『ViVi』2017年12月号の表紙に登場

 髪をダークカラーに変え、 カラダもシャープに絞って臨んだ表紙撮影では、今まではとは違う「オトナにこる」を表現。19歳での加入はViVIモデル最年少で、いままでの“にこるん”像から、一歩大人の階段を登るタイミングとして、ヴィジュアルも心境も一新したという。

 なお、『ViVi』12月号掲載のインタビューでは、「オトナにこる」を表現する過程でのリアルな心境と、新たにViViモデルとしての目標、ファンへの気持ちを語っている。

■ViVi12月号インタビューより(一部)
「メイクが終わった自分の顔をじっくり見たとき、 他人級に『誰だろう?』って思いました(笑)」

「18歳になった頃からかな。頭の中が大人になってきて、“もう、ツインテールににこるんビームじゃないかも……”って思って。世間に浸透したキャラクターから抜け出したくなったの」

「私はコンプレックスもいろいろあるから、たぶん、共感できる部分が多いんだと思う。でもだとしたら、私は自分の気持ちを、どんなときも一番大事にしなきゃと思った。だから私は、 Popteenを卒業して、 ViViのモデルになったとき、 大人になったにこるんを、 絶対また好きになってもらおうって思いました」

(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

Source: お父chまとめ